補償金はどんな時に請求できる?

補償金はどんな時に請求できる?

会議時間から正午までに報告が延期またはキャンセルされた場合は、キャンセル料を請求することができます。注意、問題の料金をリクエストするのは深夜までです。深夜を過ぎると、ボタンは使用できなくなります。

適用される補償料 

  • ミッションの報酬額の最大33%
  • 最高50ユーロ または50USドルまで(ネットワークによります)
  • 一つのミッションにつき最大2回まで適用 

例えば、フォトグラファーが現場に既に到着した後に撮影が拒否された場合に補償金を得られます。

 

プラットフォーム上での補償金の請求方法

1- ミッションページを開き、「ヘルプを求める」から"先方が撮影を拒否した" または "先方の都合によりミッションの再調整が必要"を選択します。

1.JPG

 

2- "先方が撮影を拒否した"をクリックすると、7つのスマートメッセージが現れます。 のボックスが現れます。それにチェックを入れて追加コメントを記入して送信します。

2.JPG3.JPG

 

3- 報酬(再スケジュール料又はキャンセル料)をリクエストする度に、証拠の提出が必要です。報酬をリクエストする際に証拠をアップロードすることができます。以下は、私たちが受け入れているすべての証拠です:
- 店舗様が不在または閉店している場合:お店の写真
- 店舗様から電話があった場合:通話履歴のスクリーンショット
- 店舗様からメッセージがあった場合:日付の入ったテキストメッセージまたは電子メールのスクリーンショット
- その場で撮影を断られた場合:お店の写真

 

proof_for_cancelation_fee.PNG

 

 

4- "先方の都合によりミッションの再調整が必要"をクリックすると、新しい日付を入力できます。再調整の日程がまだ決まっていない場合に、ランダムな日付は入れないでください。撮影日を入力すると、先方に自動通知メールが送信されます。新しい日程が決まるのを待ってから、日付を入力し、補償金を請求できます。

 

キャンセル・延期が12時間以内だった場合、延期が撮影の12時間以内だった場合、" 補償金のリクエスト" のボックスが現れます。チェックを入れて追加コメントを記入して送信します。

4.JPG

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
8人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

このセクションの記事