請求書作成プロセス

OCUSは月が変わると請求書を通じてフォトグラファーの承認済撮影案件をまとめます。適切に支払われる為にフォトグラファーが承認しなければならないプロセスが以下です。

 

各タイトルをクリックすると各内容をご覧いただけます:

  1. 請求書を承認する
  2. 請求書の種類
  3. 自分で請求書を作成する
  4. 請求書を提出する
  5. 請求書の内容に誤りがあるかもしれません

よくある質問

請求書の発行を開始する前に、フォトグラファープラットフォームの「報酬の請求」セクションで支払い情報が正しく記入されていることを確認ください。

お支払い情報が間違っていたり、不足している場合はお支払いできません。

1. 請求書を承認する

請求書の確認:毎月1日から5日の間に、請求書の確認を行います。その際にはメールでお知らせします。

  • フォトグラファープラットフォームの「請求について」セクションで、請求書を確認してください。
  • また、表示された金額に納得出来ない場合は、ページ下部の「問題が見つかりましたか?」をクリックしてクレームを記入してください。クレームを作成するには、「5- 請求書の内容に誤りがあるかもしれません。」 を参照してください。

早くお支払いいただくために、請求書を早めに確認していただくようお願いいたします。 これにより、弊社の決済プラットフォームであるPayoneerを通じて、自動的に決済プロセスを起動させることができます。あなたがOCUSアカウントに登録された支払い情報の現地通貨でお支払いを受けられます。

請求書のステータスが "TO PAY "と表示される場合、請求書は承認済であり、支払い準備ができています。それ以外のステータスの場合は、OCUSチームまたはフォトグラファーの対応が必要です。

注意点: 土日祝日に請求書を確認した場合、翌営業日の入金となります。

 

2. 請求書の種類

以下のいずれかを選択できます:

  • Ocusが自動的に請求書を作成する
  • 自分で作成した請求書をアップロードする

このオプションを変更するには、プロフィールの設定で、「報酬の請求」のセクションをクリックしてください(このセクションでは、支払い方法や情報の変更も可能です)。そして、ページの一番下で、方法を変更することができます。

 

3. 自分で請求書を作成する

請求書を提出したい場合は、請求書発行に関するフランスの法律に従う必要があります。

つまり、会計チームが承認するためには、いくつかの情報が表示されていなければならないということです。以下はそのリストとなります:

  • 請求書番号とその日付
  • あなたの個人情報: 氏名、住所、納税番号または付VAT番号(あなたの国での会計処理に関連する場合)

注意点: あなたの国でVATが課されているプロフェッショナルの場合、フランス一般税法(Code général des impôts)第259-1条に基づき、非フランス居住者としてVATは適用されません。請求書をご自身でアップロードされる場合は、前条または指令2006/112/ECの第44条に記載されているVAT免除について言及してください。

  • OCUS情報: 住所 (86-90 Rue Notre Dame de Nazareth, 75003 Paris)、SIRET番号 (818 371 742 00011)と VAT番号 (FR 36 818371742).
  • 撮影案件情報: 参照番号、名前、検証日、撮影料金、別料金(マイレージ、キャンセル料理/リスケジュール料)、付加価値税なしの月の合計(該当する場合は付加価値税あり)。

4. 請求書を提出する

請求書を提出するための3つのステップをご紹介します。

ステップ1:請求書リストの確認

  • 「請求について」をクリックしてください
  • 最新の請求書をクリックしてください (ステータス : READY) リストの上から下まで必ず確認してください。

mceclip0.png

ステップ2 : 情報の確認

  • 案件、金額、報酬、税金など、請求書に記載されている情報が正しいかどうか確認してください

ステップ3 : 請求書の承認 

mceclip1.png

mceclip2.png

NB : 請求書に問題がない場合は、コメントを追加しないでください。コメントを追加すると、請求書の承認プロセスが遅くなります。

承認すると、請求書のステータスが "PAYMENT IN PROGRESS;支払い中"に変更されます。

mceclip3.png

NB : 請求書の支払いに問題がある場合、請求書のステータスに反映されます。

mceclip4.png

 5. 請求書の内容に誤りがあるかもしれません

請求書に何か問題があると思われる場合は、クレームを作成することができます。私たちのチームが検討し、最大4日以内に有効または無効にしますので、頻繁に請求書のステータスを確認してください

ヘルプセンターにご連絡いただいても、処理を早めることはできません。

以下の手順でクレームを作成することが出来ます:

  1. 請求書ページ下部の「問題が見つかりましたか?」をクリックしてクレームを記入してください。
  2. クレームを書くときは、できるだけ正確に(撮影案件ID/レストラン名)を書いてください。スクリーンショットは載せないでください。正確さが欠けていると、チームに無効にされてしまい、最初からやり直さなければなりません。
  3. 最大で4日後には回答いたします。
  • 請求書の検証:請求書が検証され、「TO PAY」というステータスになります。あなたは何もする必要はありません。 
  • クレームの無効化:あなたの請求書は検証されず、OCUSチームはそれに対して明確な回答をしています。あなたの請求書を検証するかどうか、またはまだ同意しない場合は、別のクレームを行い、追加の詳細を提供することができます。

よくある質問

よくある質問・クレームをご紹介します:

- 請求書に撮影案件が記載されていません: 請求書には、先月の1日から末日までに弊社チームが検証し、クライアントに送信した撮影案件のみが含まれます。撮影予約日時は検証の日ではありません。

- 請求書に補償金が記載されていません: キャンセル料および再スケジュール料は、その月に適用された場合、請求書に反映されます。補償金が見当たらない場合は、請求書の確認の手続きの際に(上記の情報を参照してください)、撮影案件IDまたはレストラン名を忘れずに書いてください。

- 請求書にVATを記載することはできますか? VATを含めることができるのは、一部のフランスのフォトグラファーのみです。その他の国のフォトグラファーは、請求書にVATを含めることができません。

- 請求書には税金が含まれているのですか? 請求書に表示されている金額には税金がかかりません。請求書に表示されている金額は、お支払い時の金額となります。

- 再撮影:再撮影をしなければならなかった場合、最終検証日が考慮されます。例えば、15日にOCUSで承認された撮影があったとします。クライアントが写真を拒否したため、後日、再撮影が必要になった場合、新しい承認日が保持されます(たとえそれが翌月であっても)。

 

その他の問題や質問がありましたら お気軽に「ヘルプ」からご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?
39人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

このセクションの記事