必要な法的文書

OCUSに登録する写真家またはビデオグラファーは、本拠地によって異なる可能性がある法的文書をいくつか提出する必要があります。作業状況もそれに応じて異なる場合があります。

注意:OCUSと一緒に作業する予定期間中に、提供されたすべての文書が有効であることを確認してください。

米国やフランス以外の国に拠点を置く写真家やビデオグラファーについては、この記事の最初のセクションを参照してください

米国に拠点を置く写真家やビデオグラファーについては、この記事の2番目のセクションを参照してください

フランスに拠点がありますか?その場合は、フランス語の専用ヘルプセンターの記事を参照してください

 

1. 米国とフランス以外の国で登録に必要な法的文書

就労国が母国である

OCUSと一緒に作業をするために、以下の情報を提供してください

  • 身分証明書、運転免許証、パスポートなどの有効な身分証明書
  • あなたのビジネスが、現地レベルで貿易/商業登記に登録されていることを証明する有効な文書。

 

就労国が母国と異なる

OCUSと一緒に作業をするために、以下の情報を提供してください

  • 身分証明書、運転免許証、パスポートなどの有効な身分証明書
  • 有効な居住許可証
  • 有効な労働許可証
  • あなたのビジネスが、母国または居住国のどちらかで、現地の貿易/商業登記に登録されていることを証明する有効な文書。

 

2. 米国に拠点を置く写真家やビデオグラファーに必要な法的文書

OCUSと一緒に作業をするために、以下の情報を提供してください

  • 運転免許証やパスポートなどの有効な身分証明書
  • 記入欄 W-9
  • あなたのビジネスが州レベルで登録されていることを証明する文書
  • 法定番号としてのIRS番号
この記事は役に立ちましたか?
83人中43人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

このセクションの記事