アサインメント評価

1. OCUS評価システムのガイダンス

アップロード後、画像クリエイターによって完了したアサインメントは、クライアントとOCUSチームによって評価されます。これら2つの評価を組み合わせて、各アサインメントの平均スコアを計算し、最近完了した四つのアサインメントを考慮して、各画像クリエイターのグローバル評価を算出します。

グローバル評価が高いほど、各画像クリエーターに可能なアサインメントの範囲が広くなります。グローバル評価が4.5以上の場合、スキルセットに応じて可能な全てのアサインメントにアクセスできるようになります。。

2.OCUS評価システムの内部プロセス

次に、各アサインメントに対してOCUSが実施する評価プロセスの手順について説明します。

OCUSチームは、次のカテゴリに基づいてアサインメントの品質を評価します:

  1. ガイドラインに従ったかどうか
  2. 画像の出来栄え
  3. 技術面
  4. プロフェッショナリズム 

各カテゴリのタイトルをクリックして、対象となる基準に関する追加情報にアクセスしてください。 

注意: これらのカテゴリに含まれるいくつかの基準は、画像クリエイターの作業を最も正確に評価するために2022年に更新されました。

ガイドラインの準拠を判断する基準項目:

  •  角度と小道具などを含むクライアントからの指示に従ったかどうか
  • 画像が不足していないか画像クリエイターが必要な数の画像をアップロードできない場合は、理由を説明するコメントを入力しなければなりません。

注意:2022年に、クライアントの指示に従うことの重要さを強調するために、評価尺度の重さを倍増しました。 

画像の出来栄えに関する基準:

  • 製品や被写体の配置を含む写真の構図
  • ズームレベルと三分割法の使用を含むフレーミング
  • 製品や被写体の位置を含むショットの角度
  • 露出と光の方向を含む使用された照明
  • 色(ニュートラルなホワイトバランス)

注意:2022年には、これらの基準の重要性を強調するために、評価尺度の重さをを増やしました。構図、フレーミングそしてショットの角度の重みを2倍にし、照明を3倍に増やしました。 

技術面に関する基準:

  • 絞り
  • 被写体の動き(もしある場合)を考慮に入れたシャッタースピード
  • 適切な被写界深度を含むフォーカス
  • 配置を含む三脚の使用
  • ノイズを含むISO感度 
  • 一貫性を含む露出
  • コントラストのレベル 
  • バレル歪み、ピンクッション歪み、またはひげ歪みを含む画像の歪み

注意:2022年には、これらの基準の重要性を強調するために、評価尺度の重さをを増やしました。絞り、シャッタースピード、三脚及び露出の重みを2倍にし、コントラストと歪みの重みを3倍に増やし、ISOとフォーカスを10倍に増やしました。 

プロフェッショナリズムの基準:

  • ネーミングテンプレートに従ったかどうか
  • 必要以上の画像

さらに、画像はアサインメント日の深夜までに画像クリエイターのプラットフォームにアップロードする必要があります。1時間遅れるごとに、0.2ポイントのペナルティにつながり、アサインメントの評価に最大1.4ポイントのペナルティが累積される可能性があります。  

アップロードに関する問題のトラブルシューティングについては、この記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
49人中33人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

このセクションの記事